子供に図鑑を渡そう!おすすめが3歳なのはなぜ?【知育に最適】

子供 図鑑 おすすめ 3歳

スポンサーリンク

図鑑って知育に最高なものだってご存知ですか?

図鑑は、子どもにとって辞書みたいなものです。

「なぜ?」「なに?」「どうなってるの?」

子どもの興味を引き出す、宝石箱です✨!!

図鑑を読むことで、今まで知らなかったことに興味を示す可能性もあります!

子どもに初めて図鑑を渡したのは3歳の誕生日でした。

それから現在まで、ボロボロになるまで使われた図鑑は、子どもたちの知識をつくり続けています(*^^*)

そこで!

初めて買った図鑑から、現在も活躍中の図鑑まで一気に紹介していきます!!

あわせて、なぜ3歳から図鑑がおすすめなの?も、お伝えしていきます!

スポンサーリンク

子供におすすめの図鑑~厳選5選~

図鑑を誕生日や出産祝いなどのプレゼントにもおすすめです(*^^*)

【子供におすすめの図鑑5選】

  1. 3歳のえほん百科
  2. 3さいだもんだいすき
  3. はじめてのずかん555
  4. ふしぎの図鑑
  5. はじめてのなぜなにふしぎえほん

1.3歳のえほん百科

3歳の誕生日プレゼントに買いました。

はじめての図鑑でこの本でよかったなと思うことは、あいさつや生活のマナーをわかりやすく書かれているからです。集団生活や、交通ルールも書いてあります。

更に幅広い内容で、いきもの・のりもの・からだ・文字などなどわかれてあるので、とても読みやすいです(*^^*)

内容的には数ページですが、子どもの集中力には限界があるので、短く!簡単に!書いてある方がわかりやすいです。

2.3さいだもんだいすき

3歳の誕生日プレゼントに叔母からもらいました。

ひらがな&どうぶつカードの付録に加え、全体的にやわらかい絵を使って書かれています。

文よりやや絵の方が多めです。

おはなしを使ってわりやすく書いてあるので、少し絵本よりな図鑑です。

3.はじめてのずかん555

3歳の誕生日プレゼントに買いました。

完全に絵(写真)のみです。そのために買いました。

内容は見開き1Pで、どうぶつ、うみのどうぶつ、こんちゅう、たべもの・・・といったようにレアな動物や食べ物も書かれています(笑)

『絵=目でみて覚える』ので、視覚野(後頭葉を使っています!※下記項目参照)に残りやすく、

実際にみたときに「あの図鑑に書いてあったやつだ!」と記憶されていて、こちらがびっくりした思い出があります(笑)

やはり、幼少期は目で見て覚える記憶はすごいですね✨

私も勉強になりました!

頭のいい子の育て方

4.ふしぎの図鑑

5歳の誕生日プレゼントに買いました。

毎日、必ず読むくらいのお気に入りです!

先日は自由帳に本の内容を書き写しして、自分の絵本をつくろうとしていました(笑)

この本のすごいところは約80種類の「なぜ?なに?」の問いかけ文があります。

さらに、「いきもののふしぎ」「しぜんのふしぎ」etc・・・など、カテゴリーにもわけてあるので、読みやすいです。

  • どうしてうみの水はしょっぱいの?
  • どうして雲にはのれないの?
  • どうしてつきはついてくるの?
  • 6さいくらいになるとなぜ歯が抜けるの?
  • ぐるぐるまわったあと、まっすぐあるけなくなるのはなぜ?

引用著書:ふしぎの図鑑

これだけでも十分、その先をしらべてみたくなりませんか?

対象年齢は4歳以上になっていますが、小学生の理科・社会でも十分通用する内容です。

長く使えそうです。

大人でも興味をひく内容になっているので、ついつい見てしまいます(笑)

しかも、ほとんどひらがなやカタカナで書いてあり、答えから書いてあります✨

見開き1ページずつ完結しているので、飽きずにサクサク読めますよ(*^^*)

ミニクイズもついているので、なぞなぞ感覚でも楽しめます。

自由研究 テーマ 面白い 簡単

5.はじめてのなぜなにふしぎえほん

5歳の誕生日プレゼントに買いました。

こちらの図鑑は、PIEインターナショナルから発売されている図鑑です。

絵がとてもかわいらしくて、読む前からワクワクしてしまいます♪

70種類の問いかけにたいして、とてもわかりやすい内容になっています。

  • とりはどうしてそらをとべるの?
  • どうしてはしるとしんぞうがドキドキするの?
  • おなかがすくとどうして「グー」ってなるの?

引用著書:はじめてのなぜなにふしぎえほん

こちらも対象年齢4歳以上ですが、長女を見ていて、この内容をすべてわかるのは難しそうです。

くわしく調べるなら小学生、もしかしたら中学生でも通用する内容になっています!

絵が多いので、イメージが付きやすく記憶されやすいです。

女の子ということもあるのか、「かわいい絵」の方が記憶されやすい気がしてなりません(笑)

〇〇図鑑にしない理由

本屋さんにいくと、たくさんの図鑑がならんでいます。

花図鑑、恐竜図鑑、星図鑑、戦隊もの図鑑・・・

迷ってしまいますよね(^^;)

はじめての図鑑は、1つの項目に対して広く浅く!たくさんの種類が書いてある方をおすすめします。

なぜなら、子どもですから、 何に興味をもつかわかりません!

知らなかったことに興味をもつ可能性もでてきます。

興味がでたものは、子どもの好奇心を更に底上げしてくれます✨

ちなみに長女は「なぞなぞ」と「いきもの」に興味を持ちました。

次女は「どうぶつ」と「のりもの」に興味を持ちました。

興味も姉妹で全く違いました(笑)

スポンサーリンク

まとめ

▼紹介した絵本のためしよみができます!▼

なぜ図鑑は「3歳」からがおすすめなのか?

3歳から図鑑をおすすめする理由には、子どもの好奇心が深く関わってきます。

これは、脳の発達の順番によるものです。

以前の記事で、視覚は目の見え方聴覚は耳の聞こえ方のことで、1歳になるまでに、この2つは素晴らしい成長をするとお話ししましたね✨

頭のいい子の育て方

脳の発達はうしろからまえに向かって育ちます。

視覚は後頭葉(こうとうよう)※むらさき色の部分聴覚は側頭葉(そくとうよう)※水色の部分 と進んだら、3~5歳にかけて一番発達するのは、頭頂葉(とうちょうよう)※黄色の部分 です!

脳育ちゃん
頭頂葉は、手でさわったり、運動したり、からだを使っていろんなことを吸収する部分よ!右や左、両手を使って別々の動きをしたり、細かいことをしたり、ルールを覚えたり・・・色んなことが一気に組み合わさるのよ♡

この時期に習い事を始めるご家庭も多いのではないでしょうか。

脳の成長あってのことなので、とても良いことだと思います(*^^*)

わが家の長女も3歳からスイミングに通い始めました。

普段の生活で、

長女
あ母さん!これなんでこうなるの?どうしてこうなるの?なんで?なんで?

っていうワードが出てきたら、図鑑を買うねらい目です 😉 ✨

これがもっと知りたい!

調べてみたい!

実際に見てみたい!

子供の好奇心は脳にとって栄養満点♪

ワクワク・ドキドキは、ドーパミンを出すための重要なご飯でもあります(*^^*)

個人差はありますが、これらのことから3歳から図鑑をおすすめする理由です。

スポンサーリンク

たくさんの「なぜ?」「なに?」をみつけよう!

図鑑には自分の知らない世界が広がっています。

今でこそ絵本好きな長女ですが、3歳後期から一気に本を読む数が上がっていきました。

そして、図鑑を何度も何度も読み返していました。

長女
図鑑はとても面白いよ!なんでも教えてくれるの!

知らないことを知りたいという欲求は、子どもでも大人でも一緒ですね(*^^*)

まさに幼児教育の幕開けです!!

ぜひ、3歳を目安に子どもと一緒に選んでみてはいかがでしょうか?

きっと新しい発見が待ってますよ♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です