プロフィール

脳がよろこぶ知育法

皆さん、初めまして、こんにちは。

リハビリ療法士の仕事をしながら、3姉妹を子育て中のつきしばといいます。

当ブログに起こし頂き、誠にありがとうございます^^

 

「脳がよろこぶ・・・」「知育法・・・」

というブログタイトルですが、身構えなくて大丈夫です!

至って普通の母親です(笑)

 

知育や幼児教育って聞くと、

えっ?子どもに無理させてまで教育してるの?
小さい頃から詰め込み教育なんじゃない?

と、少し疑われる(?)分野ですよね。

 

辞典で調べても、ちょっとお堅い感じの文言です・・・

  • 徳育・体育に対して、知識の習得によって知能を高めることを目的とする教育。
    引用出典:デジタル大辞泉
  • 知識を広め知能を高めるための教育。体育・徳育と並んで教育の重要な一側面をなす。
    引用出典:weblio辞書

わが家が考える子どもの教育とは脳がワクワクすることです!

 

少しお堅めにいうと…

脳からドーパミンがたくさん出て、「やってみたい!」「やってみよう!」と子どもの積極性を高めるサイクルが出来上がることです!

 

>>日常の生活習慣づくりの記事でお話しましたが学力だけで今後の人生がすべて決まると思ったら大間違いです!

 

幼児期から「地頭を鍛えて、普段の生活習慣を整えることからスタートするべきでは!?」と子育てをしていると肌で感じます。

幼児教育 いつから

イメージはこんな感じですね。

 

といいますか、生活リズムができていないうちに「知識」や「学力」を積み上げてしまうと、ガタガタ崩れてしまい、決壊!!なんてことになりかねません!!

 

しかも何気ない普段の生活から子どもの教育って、できるのです。

  • 絵本の読み聞かせで子供が興味をもったり
  • 知らないことに「なぜ?なに?」と疑問を持ったり
  • 外にでて思いっきり好きな遊びをしたり

 

子どものワクワク・ドキドキほど、脳内のドーパミンがどんどん分泌されていきます!

好奇心は知育にとって最大の栄養源です!

 

さらに、

  • 自分で着替えができてうれしい!
  • ご飯を食べれるものがふえてきてうれしい!
  • あいさつが上手にできるようになってうれしい!
  • ドリルが解けてうれしい!
  • 問題を解くのがたのしい!

生活や学習にまで興味がでてくるようになれば、こっちのもんです(笑)

 

人生はとてつもなく長いです。

そして、子どもは将来の無限の可能性を秘めています。

 

子どもの将来を心配しない親なんていません!

だからこそ、人生の選択肢は少しでも多い方がいいと考えています。

 

 

まだまだ学力重視の世の中・・・

学力で行きたい学校が決まるというのは、私が子どもの頃から変わらないです。

 

ですが、裏を返せば子どものワクワク・ドキドキを知育につなげ、のちのち学力に結びついていく…

 

といいますか、勉強がたのしい!ワクワクする!』と興味がある子に変身していけば、その先の可能性がどんどん膨らんでいくように思いせんか?

 

つきしば
ぶっちゃけると、子どものやる気がないといくら勉強しても身にならないんだよね…私も子どもの頃そうだった気がするw
そして、子どもはすぐ飽きる。集中できる時間も限られてるしね。だからこそ、反復して繰り返し身につけることが大切なんだよね。

 

これから進学するにつれて、「試験」や「受験」というイベントが多くなります。

受験って学力も大切ですが、”根性!”といいますか、親も子ども自身も、その期間を頑張りぬく力が必要になります!

 

中学受験に成功した長女のクラスのお母さんが『最後は”気力”と”根性”で乗り切った!』って話をしてて、勉強とスポーツは似てる部分があるんだなと思った!

 

私も主人も田舎育ちで『小・中学校⇒高校受験⇒進学校合格!⇒大学受験⇒合格!⇒上京組w』ですが、やはり最後までがんばりぬく力を習い事や部活で養えたのかなとも感じています(笑)

 

 

熱く語りすぎてしまいましたが、

簡単にいいますと、こんなところでしょうか。

  • 子どもがワクワクすると脳の刺激が増える
  • 子どもの「好奇心」や「やる気」が教育の鍵
  • 子どもの生活習慣を整える
  • 子どもが勉強を好きになる環境を整える

 

まだまだ母親として未熟な部分も多くて、普段の子育てはイライラ、バタバタの連続・・・

自己嫌悪に沈みこみそうな日ももたくさんあります。

 

それでも、いつか子どもたちが乗り越えなければいけない壁にあたったときに全力でサポートできるようしていきたいと思っています。

 

 

そして、読んでくださる皆さまにも還元できるよう、子育てをしていて感じたこと、学習について、小学生にむけての準備など、を中心にわかりやすく読める教育ブログを発信していきたいと思います^^

 

つきしば
3姉妹とも性格が違うのに、子どもの知識の吸収力にびっくり!これからの成長にワクワクしてるよ!

 

仕事柄、脳のことに少し詳しいので、ちょこちょこマニアック度は抑え目に、子どもの脳の変化や脳がワクワクするポイントを交えてお届けしていきますw

 

では、どうぞ、お楽しみください♪

仕事をしながらブログを立ち上げたきっかけ

脳がよろこぶ知育法

ここで少し…

私の職業、リハビリ療法士についてご紹介しておきます。

 

リハビリ療法士の中でも、作業療法士(OT)の仕事をしています。

  • リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)+ habilis(適した)、すなわち「再び適した状態になること」[2] 「本来あるべき状態への回復」などの意味を持つ。
  • また、猿人と原人の中間に意味するホモ・ハビリス(homo habilis、「器用なヒト」)が、道具を使い人間にふさわしいという意味でも用いられ、適応、有能、役立つ、生きるなどの意味も含有し、リハビリテーションの語源ともいわれている。
  • 他に「権利の回復、復権」「犯罪者の社会復帰」などからの意味合いがある。

引用出典:Wikipedia

 

簡単にいいますと、リハビリとは、

  • 患者さんの回復をサポートすること
  • 入院する前の状態に近づけること

です。

 

どの病気やケガでもリハビリをしなければいけないので、幅広い医療知識が必要になってきます。実は医者や看護師並みw

 

しかも、正常な身体の動かし方や脳の使い方を知っていないと、悪いところとの違いに気が付かないので、技術や知識もアップデートしないといけません。日々勉強です。

 

  • 作業療法とは、作業を通して健康と幸福な生活の推進にかかわる職業である。
  • 作業療法の主目標は,人々が日々の生活の営みに参加できるようにすることである。
  • 作業療法士は,こうした成果を達成するために,人々が自らの参加能力の向上をもたらすような事柄に取り組めるようにしたり、参加をよりよく支援するための環境整備を行ったりする。
  • 作業療法士は主に日常生活の訓練(移動、食事、排泄、入浴、家事、外出等)、作業耐久性の向上、作業手順の習得、就労環境への適応等の職業関連活動の訓練を担当する。
  • 作業療法士は他にも福祉用具の使用等に関する訓練、退院後の住環境への適応訓練、発達障害や高次脳機能障害等に対するリハビリテーションも実施する。

引用出典:wikipedia

 

さらに、作業療法士の仕事は、簡単にいうと、

  • 日常の生活をよりよくするために、環境をととのえること
  • 手を使う作業活動を通して、患者さんの回復の手伝いをすること

です。

 

手を使って物を動かす、その姿勢や環境を整えるのは作業療法士の基本ですね。

 

だいたいですが、大きく4つの分野に分かれています。

  • 身体分野(主に病院…)
  • 老年分野(主に施設やデイサービス、訪問や在宅…)
  • 発達分野(主に小児向けの施設や病院、外来…)
  • 精神分野(主に精神病院やデイサービス…)

リハビリは回復だけじゃなく、持っている機能を維持したり、うまく使ったりすることも、とても大切なことです。

 

私はその中でも10年以上、3次救急といわれる急性期総合病院に勤めています。

つきしば
調子が悪くなって一番最初に行く病院だね。たくさんの科もあってオールマイティな知識が必要になります。

その中でも特に『脳』の分野の勉強が大好きです。

 

 

知名度は理学療法士や言語聴覚士よりは低いですが、立派な『リハビリテーションのスペシャリスト』と位置づけられています!

つきしば
自分の仕事に誇りをもってるよ。国家資格だから受験までの道のりも大変だった…

 

最近は、長女が私の仕事がどんなものか興味があるようなので、簡単に説明していますw

情報発信に興味をもったきっかけ

そんな、自分の仕事に誇りも持っている私がなぜ、ブログを始めたかというと…子ども達の存在がとても大きいです。

 

実は正直…最初から子育てを楽しめた人間ではありません。

 

仕事バリバリ人間でしたから、長女を妊娠中に人生で初めて体験する悪阻のひどさ…上手く仕事ができないストレス・・・何に対してもイライライライライラ・・・

 

夫からも実家の母たちからもこの時期はとっても怖かったといわれました(笑)

 

長女を出産した後も、寝不足と疲労に加え、早く仕事がしたくてしたくて・・・

働き始めた後も、仕事と子育ての両立がうまくいかずに、いつも夫に当たっていました。正直離婚危機が何度もありました・・・

その頃は経済的にも余裕もありませんでしたし、何もかも上手く回っていなかったですね。

 

次女が産まれてからは少しずつ「ん?子育てってちょっと楽しいかな?」と思い始め、三女が産まれてから「私って幸せ者じゃん!子育てをもっと楽しもう!」と、前向きな気持ちになりましたw

 

何より夫が、積極的に育児参加してくれるようになり、劇的に家の中が変わりました!

私のストレスも3分の1くらいになりました!全部なしではない(笑)

 

 

最初から子育てを楽しめた人間ではないので、その頃の苦労や辛さ

同じ子育ての悩みや子どもの教育に悩んでいる方々のサポートが出来ればいいなと思ったのです。リハビリっぽいですねw

 

あとは、子どもの吸収力の高さに驚いたことです!

つきしば
興味があるものはどんどん覚えていくし、学習への意欲が高い!

わが家のかけがえのない子ども達がこれからどんな成長をしていくか、楽しみでしかたありません!

 

そんな思いを形にするためにブログをはじめてみようと思ったのでした。

「でも」「だって」「わたしなんか」の口ぐせはNG!自己肯定感を高めよう!

RISU算数 体験

近年、自己肯定感が低い子どもが多いと言われています。

簡単にいうと、「自分に自信がないこと」です。

 

私もそのうちの1人でした。

幼少期から要領が良くて、学力がある妹と比べられることが多々ありました。

その影響もあり、中学生くらいから部活にのめりこみすぎてしまい、勉強がおろそかに…w

部活で活躍することが自分の存在意義でしたね。

 

小さい頃から「でも」「だって」「わたしなんか」という口ぐせが出ていたように思います。

褒められても「いえいえ」「そんなことない」と謙遜することも覚えてしまいました。

 

社会に出てたくさんの人と出会い、結婚して、子育てをするようになってから、自分の考え方を見直すようになりました。

 

ようやく、「否定や謙遜ばかりしていたら人生つまらない」「もっと自分の人生を大切にしてあげよう」と思うまでになりました!昔の私を知ってる人だったらびっくりするかもw

 

 

幼少期の経験から、自分の子ども達の自己肯定感は高めておきたい!と思いつつも、

長女の時は子育て論が確立していないくて、「子どもにスマホは絶対ダメ!」「TVをみせすぎては絶対ダメ!」「Youtubeが絶対ダメ!」とアナログ器質全開に(笑)

 

3姉妹を子育てしているうちに、親がしっかり管理して、習慣的に取り入れれば、最先端オンライン学習やタブレット学習も脳がワクワクすること間違いなし!」という概念にいたりました。長女ごめんよ…

 

 

といいますか、医療現場でもどんどん最新式の治療法が確立しています。

タブレットやパソコン、オンラインなど、どんどん取り入れています。

「昔はこうだった!」とこだわってばかりでは先に進みません。改めて…長女ごめんよ…(2度いう)

 

仕事でもパソコンやタブレットを導入して、患者さんのニーズにあわせた治療を行うこともあります。

 

特に仕事柄、手を使う=物を使うことに関してはスペシャリスト!アイデアマンですw

 

そして、物を使うからには姿勢が大切!!

申し訳ないですが、姿勢に関しては人一倍うるさいです(笑)

 

>>ランドセルの記事でもお話ししましたが、姿勢がよくて背負いやすいランドセルを求めすぎて、たくさんの工房を子連れで走り回った過去があります。

 

姿勢がよくなる➡物がもちやすくなる➡手を動かしやすくなる➡脳が働きやすくなる➡ワクワク・ドキドキする➡何でもやってみたい!と思うようになる➡勉強やスポーツも好きになる

こんな方程式で考えています。

 


[引用画像:wikipedia]

さらに少しマニアックな話をしますが、カナダの脳外科医ワイルダー・ペンフィールドさんが考えた脳の地図というものがあります

 

脳と体のどこがつながっているか書いてあります。

つきしば
絵が大きいほど、その部分をたくさん使ってるってことだよ。脳の勉強が大好きになったきっかけの絵なの!

 

見てわかるように一番に!その次に

この部位を多く使うことで、脳の働きがぐんぐんよくなります!

 

 

例えば、子どもに当てはめてみると…お話をしたり、食べるときに噛んだり、クレヨンで絵を描いたり、おもちゃであそんだり…

まさにそれだけで知育につながるのです!!

 

脳の話をしだすと止まらなくなるので、この辺りでw

 

脳の仕組みと子どもの教育は似通っているところがあるので、今後、そのあたりの情報も交えてお届けしていきます^^

つきしば家のひとびと

脳がよろこぶ知育法

では、私の大切な家族を紹介します。

 

夫:だいちです。

私と真逆な性格で真面目で神経質、几帳面で、結婚当初は衝突も多かったです。

一人暮らしが長いので、家事全般すべて自分のことは自分で出来るので助かっています。

 

とにかく、子どもLOVE!

子どもの幸せを1番に考えています。

教育も「自分のできることは!すべて与えたい!」と躍起になっています。

 

「バージンロードを3回も歩くって幸せだよな~」とお酒が入るとよく物思いにふける夫です。

 

長女:みい(7歳)です。

わが家の有望株です(笑)

両親の愛情と完璧な育児を一番最初に一心に受け止めてきました。

 

そして、家庭がつらい時期も元気な時期もすべて一緒に過ごしてきました・・・

将来、私たちは頭があがらなくなることでしょう…

 

とにかく真面目で、優しくて、何にでもよく気が付きます!長女らしい長女の性格です。

持ち前のポテンシャルも高く、好き嫌いなし!面倒見もいい!責任感もある!正直、このまま大人になってもいいんじゃないかとすら思います(笑)

 

そして、一番好きなことは本を読むことです。

月50冊、年間500冊以上読むほど、本が大大大好きです!

私が知らないことまで質問されて焦ることもあります・・・

 

その分、自分の思うようにいかないときの怒り具合はすさまじいです。

口も達者なので私と衝突することもシバシバです。

 

「将来は作家さんか、本屋さんの店員になりたいな~」というおませな長女です。

長女:みい
最近はししょ(司書)さんにも憧れてる~

 

次女:かりん(4歳)です。

わが家のムードメーカー!小さな恐竜!

長女の時の完璧育児から逆転し、両親に甘やかされて育ってきました(笑)

 

行動すべてが破天荒で、動きもダイナミック!感情表現も非常に豊かで、喜怒哀楽がわかりやすいですw

好きなものは電車!好きな色は緑!

とにかく、やんちゃです。

 

その点、体が弱く、一度悪くなると入院するまで悪化します・・・

とにかくおしゃべりで、態度はいっちょ前です。

 

「次女はね~プリンセスになりたいの!!」と夢ばかり見ている次女です。

次女:かりん
さいきんはね~プリキュアになってもいいかなって思ってる!

 

三女:うみ(2歳)です。

存在そのものが天使です!!

 

何をやっても何をされても、寝不足だろうが汚されようがオールOKです♡

可愛すぎてどうしたらいいかわかりません!

 

みんな自然と顔がニヤニヤ・・・甘えん坊なのにしっかり者。場を読む力はピカイチ!

末っ子要素満載です!

 

お姉さん達からたくさん遊んでもらい、絵本の読み聞かせをしてもらって、もう至れり尽くせりです。

たくさんの愛情を受けすぎるくらい受けている三女の成長が楽しみです。

三女:うみ
しょうらいの夢は、メロンパンナちゃん!

オリジナルキャラクター「脳育ちゃん」

オリジナルキャラクターも作りました!

 

脳育ちゃんです!!

キャラクターデザインはrieさん(@mare56324)に描いて頂きました!

 

ココナラでお願いしました。



 

私の鬼のような注文と修正に嫌な顔1つせずに、すばらしいものを作って頂きました!

本当に有難うございます!!

 

かわいいステッキを持って、脳の詳しい話やマニアックな話に色を添えてくれます。

脳育ちゃん
ピンマイクは、体の色々な場所の”声”をシナプスを通じてきけるようにしているのよ♡
脳育ちゃん
脳にとってダメダメなときは、涙をだしておしえるわ♡

子どもの幸福度をあげるための環境づくりを手伝いたい

もともと人に自分のことをベラベラ話す性格ではないですし、子育て中って自分の思っていることや考えていることを真剣に話す場って、意外にないです!

 

毎日バタバタ、イライラ、ドタドタ・・・

私にとってブログは子育てと仕事で忙しい中、立ち止まって考えるきっかけをくれた場所でもあります。

 

  • 今まで、思ってても言えなかったこと
  • 自分の知識を人のために役立てたいと感じたこと
  • こうすれば子育てが変わるんじゃないかなと思ったこと

ブログを始めたおかげで今まで知らなかった世界、そしてたくさんの方に出会ったことは人生の財産でもあります!

 

そして、家庭・生活・環境、そして子どもたちの成長と共に、

3姉妹がそろった今だからこそ、「たのしい!」「役立つ情報を誰かに伝えたい!」と思える気持ちにまで成長しました。

 

1人目からしっかり育児をされているママさんがまぶしかったり。

子どもを怒らないママさんが羨ましかったり。

でも、子育てを人と比べる必要はありません。

 

100の家族がいれば100通りの子育ての仕方があります。

子どもも成長して変わってきますし、家族の関係も変わってきます。

 

『子ども達の将来が幸福であるように、自分にできる最大限の環境作りを手伝いたい!』

『子どもの教育は脳がワクワクすること!』

 

この思いを胸に「脳がよろこぶ知育法」を通して、読んでくださる皆さんのお役に立てる情報満載にお届けしていきます!

 

最後まで読んでいただき、有難うございました!

今後もどうぞ、よろしくお願いいたします。