ランドセル選び開始!工房系6社を徹底比較!【プロローグ】

ランドセル 工房 比較

スポンサーリンク

わが家の長女も来年度(2020年)から、いよいよ小学生です。

そこで必要になってくるのが「ランドセル」です。

女の子ですから種類がたくさんあることに加え、

「これがいい!」

「あれがいい!」

と、いうこと間違いなしです(笑)

最近は「ラン活」という子どもが入学する1~2年前から、ランドセルの展示会に参加する方が、年々増えているようです。

私はそこまで意識していなかったんですが、義父から催促されました(笑)

義父は昔から「イベントごとはしっかりやってほしいというタイプ」です。

加えて、田舎のおじいちゃんですから、こだわりが強いです(^^;)

予算上限はなし えっ!?っと思うほど太っ腹ですよね(笑) 

いつも言われることは「(孫に)良いものを!」です。

義父きっかけではありましたが、私のやるからにはとことんやる!精神も発動したため、本腰入れて取り組んでみることにしました!!

レッツ!ラン活!!

スポンサーリンク

工房系6社に厳選しました

数あるランドセルがある中で大きくわけると

「量産系」「工房系」があります。

わが家は「とにかくこだわってほしい!」という意見があるので、

専門的にランドセル職人さんが思いを込めて作っている「工房系」を選択しました。

その中から口コミやSNSでの情報、取り寄せたパンフレット内容から総合して

6社まで絞り込みました!!

ランドセル 工房 比較

①中村鞄製作所 (東京都足立区)

②土屋鞄製作所 (東京都足立区)

③オオバランドセル (東京都足立区)

④鞄工房山本 (奈良県橿原市)

⑤池田屋 (静岡県静岡市)

⑥ランドセル工房生田 (大阪府大阪市)

(  )の中は本店がある場所です。

現在、ラン活中の方はわかると思うのですが、絞り込む作業って意外に大変ですよね(^^;)

どのパンフレットも職人さん達の

ランドセルにかける熱い思い

技術を駆使して最高のものを作り上げるといった

専門職ならではの部分が出ていて、感動しました✨✨

今のランドセルってここまで意識されているんだ!!とびっくりしました。

厳選理由

意外に答えはシンプルで

「見に行けるかどうか」で判断しました。

毎日パンフレットを読んでいる私に夫が一言。

「実際に見て触らないとわかんないでしょ。」

ランドセル 工房 比較

たしかに・・・しかも長女の希望もありますしね。

ラン活は親が熱くなりすぎるとNGですね。危ない危ない(笑)

実際、長女にパンフレットを見せたところ

「あっ!これも可愛い!!」

「あっ!こっちにしようかな」

「あっ!これでもいいな~」

と、案の定優柔不断っぷりを発揮していました(笑)

それくらい素敵な商品ばかりだったので、後は見て選ぶことにしました。

こういう時こそ「都内在住」をふんだんに使ってみることにします(笑)

工房系のデメリット

こだわりの手作業やオーダーメイド的な部分も考えると

大量生産ができない=完売の危険性があります。

共働きのため、行けるとすれば土日がメイン。

早い方がよいと思い、4月~5月中で予定をあわせたところ、6社であれば何とか行けそうだったので子供3人連れて頑張っていくことにしました。

見るべきポイント

見て決めると言ってもポイントを押さえておかないとみる点がおろそかになります。

そこで私がパンフレットをみて感じたこと・考えたことをまとめました。

工房系を選択している時点でランドセルに使っている革や品質は天下一品です✨

あとは「好み」と「各社のこだわり」が

わが家の求めるポイントと合うかどうかです。

私が考える最低限おさえて置きたいポイント

POINT

  1. 大容量(A4フラット対応)
  2. 軽さ
  3. 丈夫さ
  4. ロック(手動/自動)
  5. ポケットの多さ
  6. 6年間保障やオリジリティ

です。

ついでに・・・と言いますか、メインです!(決して忘れていません(笑))

子供に求める部分は、

ポイント

  1. 背負いごこち
  2. 直感(笑)

です。

多分、子供の注意力なんてこんなものかなと(笑)

ポイントをしぼって提示することは親の役目でもあるので、以上の点を踏まえて現時点での比較をしてみました。

スポンサーリンク

パンフレット比較

6社すべてパンフレットは2019年2月20日にホームページ上で申し込みました☺

①中村鞄製作所

ランドセル 工房 比較

パンフレットは3月下旬に届きました。

内容は主パンフレット素材革見本表です。

実際に触って

「馬革(1350g±)

「牛革(1250g±)

「人工皮革(1120g±)

を確かめることができます。

全体的にシンプル

ランドセル職人が教える10のこと」は非常にわかりやすかったです。

両ナスカンがついていたり、小マチ部分にもA4サイズの教科書が入ったりシンプルだけど細かい部分に配慮されている印象です。

個人的に「余分なものはいれずに必要なものだけギュッと詰め込みました」というタイトルをつけてしまいそうです(笑)

ちなみに長女はハート柄にメロメロでした♡(人工皮革のみ)

本店以外にも展示会が予定されています。

本店は店舗公開開始とともに予約なしで気軽に見に行けます☺

ランドセル中村鞄製作所【公式】創業1960年の老舗ランドセル製作会社。

②土屋鞄製作所

ランドセル 工房 比較

パンフレットは3月下旬に届きました。

内容は主パンフレット2020年度ラインナップおしらせ表です。

大きくわけて

「馬革(1490g±)」

「牛革<アトリエ>(1390g±)

「人工皮革<クラリーノエフ/アトリエ>(1150g±)

あり、非常にオリジナリティが高く、可愛らしいデザインが多いです。

色展開が豊富で、発色がパンフレットからも鮮やかに写っています。

そして何より口コミ・レビューが多く、人気度が非常に高いです。

長女もやはりアトリエシリーズの鳥さんやうさぎさんには心を奪われていました✨やはり女の子ですね。

パンフレットは非常に写真が多いのですが、細かい表記やポイントの記載が少ないので

実際に見てみないとイメージが付きにくい印象です。

本店以外にも展示会が予定されています。

本店は店舗公開開始とともに予約なしで気軽に見に行けます☺

土屋鞄のランドセル — 背中に、心に、優しい記憶を。

③オオバランドセル

ランドセル 工房 比較

パンフレットは3月上旬に届きました。一番早かったです。

内容は主パンフレットおしらせです。

ランドセルの代名詞と言われる老舗で数々の賞を受賞し、御用達の有名私立学校に高く評価されています。個人的にブランドに興味あります(笑)

主に

「馬革(?)

「牛革(?)

「人工皮革(?)

を展開されています。

パンフレットには詳しくは書かれていませんが、昔さながらのザ!ランドセルという印象でした。

本店以外にも展示会が予定されています。

本店見学開始が展示会の後なので、展示会に参加する予定です。展示会予約必須です☺

御用達職人のロングセラーランドセル | 大峽製鞄

スポンサーリンク

④ランドセル工房生田

ランドセル 工房 比較

パンフレットは3月下旬、一番最後に届きました。

内容は主パンフレット素材革見本表です。

そして東京で行われる期間限定ショップのおしらせです✨

2019年4月27日(土)~5月6日(月)10時~18時(5月1日は休業)の10連休に実際に体験ができます(*^^*)検討されている方はぜひ!

展示会が少し遅めの日程なので早めに比較したい方にもおすすめです。

実際に触って

「馬革(1440g±)」

「牛革(1380g±)

を確かめることが出来ます。

そうです!すべて本革展開なんです。

しかもセレクトオーダーメイドが可能です。オプションもバリエーションに富んでいるので個人的に「こだわりの1品を作りたい」方に非常におすすめです。

展示会は予約不要ですが少し遅めの日程です。

東京都にお住いの方は期間限定ショップをお勧めします。予約なしで可能です。

本革手作りランドセル | ランドセル工房 生田

⑤池田屋

ランドセル 工房 比較

パンフレットは3月下旬に届きました。

一番、パンフレット内容が充実すぎるほどしています✨

内容は主パンフレット素材革見本表DVD子供用のパンフレット&塗り絵展示会のおしらせetc・・・です。

特に子供用パンフレットランドセル型になっていて可愛らしいです(^^)

そして、パンフレットが一番わかりやすいです!

要点も絞られており、「Q&A」方式(なぜ刺繍をしないのか?/なぜ自動ロックにしないのか?等)になっており、非常に見やすいです。

実際に触って

「馬革(1400g±)

「牛革(1300g±)

「人工皮革(1100g±)

を確かめることが出来ます。

全体的に老舗ならではの部分と現代の融合がマッチした印象です。

個人的に他のランドセルにはない持ち手がついているので興味あります。

本店・東京店以外にも展示会が予定されています。

本店・東京店は店舗公開開始とともに予約なしで気軽に見に行けます☺

池田屋ランドセル ~ぴかちゃんらんどせる~

⑥鞄工房山本

ランドセル 工房 比較

パンフレットは3月上旬に届きました。

内容は主パンフレットおしらせです。

封筒を開けた瞬間にパンフレットの分厚さにびっくり!

同時にラインナップの多さ!!目移りしてしまうほどです。

主に

「馬革(1450g±)

「牛革(1370g±)

「人工皮革(1240g±)

を展開されています。

山本が選ばれる理由」を中心に細かく書かれてあり、「女の子におすすめ」「男の子におすすめ」と性別に分けて写真や文章がわかりやすく表記されていました。

色展開やデザインもたくさんあるので、正直迷います(笑)

個人的に安全ナスカン」と呼ばれる15-18kg程度の負荷がかかると外れる安全設定と呼ばれる部分がどのようなものか興味があります。

本店・東京店以外にも展示会が予定されています。

本店・東京店は店舗公開開始とともに予約なしで気軽に見に行けます☺

手づくりランドセルの鞄工房山本|奈良・東京

スポンサーリンク

おわりに

パンフレットだけですが、

6社すべて見比べてみると面白いですね。

工房によってこだわりが違うので、実際に見に行く前の楽しみが出来ました。

ちなみに・・・実際に見に行く前の

私の順位は・・・

①ランドセル生田

②鞄工房山本>中村鞄製作所

③土屋鞄製作所

と、言ったところです!!

ちなみに長女の順位は、

①中村鞄製作所(理由:ハートがかわいい)

②土屋鞄製作所(理由:鳥さんがかわいい)

③鞄工房山本orランドセル工房生田(理由:お花さんがかわいい)

・・・

内容がかみ合ってない(笑)!!まぁ、子どもは機能より見た目ですからね。

現時点ではこのような状況です(^^;)

どうなっていくやら・・・

お楽しみに(^^♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です