【池田屋のランドセルは安っぽい?】口コミや評判を実際に店舗に行って調査!

池田屋 ランドセル 安っぽい

 

この記事では自分の足で10社以上ラン活体験しまくった私が、実際に池田屋ランドセルについての口コミや評判などをランドセルの選び方のポイントに沿って徹底検証しています。

 

池田屋ランドセルといえば、「ピカちゃんランドセル~♪」のCMでおなじみ!

昔から誰もが知っている有名なランドセルの1つです。小さい頃よく口ずさんでいましたw

 

創業がなんと1950年。創業70周年を超える老舗中の老舗です。

池田屋ランドセルの魅力はとにかくシンプルに「子ども思い」のランドセルをポイントに置いています。

そして、とにかく軽い!

 

池田屋ランドセルを実際に体験してきた口コミをまとめるとこんな感じです。

  • 背負った瞬間から軽さを感じる
  • 子ども目線で使いやすさが追及されている
  • デザインはとてもシンプル
  • 革の発色が綺麗
  • パンフレットが充実

 

2023年度からは新色が追加されて、全11シリーズ・85色から自由に選べるようになりました!

池田屋 ランドセル 安っぽい[引用画像:池田屋ランドセル公式サイト]

池田屋 ランドセル 安っぽい池田屋 ランドセル 安っぽい
長女:みい
新色すっごく素敵だったよ!特に「ミント×サックス」「ラベンダー×ピンク」は今からでもほしい!妹たちがうらやましい~
つきしば
池田屋や軽いだけじゃなくて、新色も常に取り入れてるんだよね。デザインもすごくシンプルなのに人気なのがわかる…私もほしくなる(笑)

 

それでは、実際に見てきた体験談をもとに、情報たっぷりに池田屋ランドセルの魅力をお届けしていきます!

 

\池田屋ランドセルの魅力が満載!絶対チェック!/

池田屋のランドセルが安っぽいといわれる原因とは?

始めに結論から申しますと、安っぽく見える原因は『外見』ではないか…と考えてみました。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

まずは外側フォルムをよくみると、プラスチック製の板のようなものがついています。

これは型崩れ防止板と呼ばれるもので、耐久性に非常に特化している証です。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

さらにナスカン部分も金具ではなく、ナイロン樹脂製でおおわれています。

夫:だいち
池田屋のナスカンも一定の負荷がかかると外れる仕組みになってるよ。個人的には覆われてた方が安全・安心って感じかな。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

個人的には、ナスカンは金具の質感があるイメージが強いですね。

つきしば
この辺りは好みの問題だね。池田屋はとにかく「軽さ」を重視しているから微細な部分でもナイロン樹脂を取り入れて軽量化をはかっているよ!

 

ちなみにナスカン部分について池田屋スタッフさんに聞いてみました!

見た目の感じ方は人それぞれだと思います。ナスカンをおおっているナイロン樹脂は、子どもさんが手を挟みにくく、取り外ししやすくするためです。そして、微細ですが軽さを求めた部分もありますね。

 

池田屋ランドセルは本当に子ども思いです…!

長女
ナスカン部分は全然気にならなかった~むしろ背負った時に軽いし、色がいい!

子どもは細かい所より背負った感じと、色・デザインでほぼ決めますからね(笑)

でも背負った瞬間から軽いのは池田屋ランドセルの特徴です。

 

本当にちょっとした部分ではありますが、ナスカンの金属をチェックしてみたい方は比較記事も参考にしてみて下さい。

中村鞄 池田屋 比較

【中村鞄と池田屋と山本鞄を比較】実際に1年後使ったランドセルも公開!

2021年4月23日

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

池田屋ランドセルが人気上昇中の理由は?口コミ・評判をチェック

池田屋 ランドセル 安っぽい

池田屋のランドセルといえば、創業60年以上の歴史をもつ老舗の鞄専門店です。

池田屋の特徴といえば「軽さ」です。

特徴を踏まえてSNSから口コミや評判をチェックしてみました。

 

次女:かりん
クラスのみんなに「ランドセル決めた?」ってきくと「いけだや!」って言葉がでてくるから気になってるの!

この投稿をInstagramで見る

maya.nagashima(@maya_yms)がシェアした投稿

  • 軽い
  • シンプルで色が良い
  • 背負いやすい
  • 男の子でも定番色以外も選べる
  • 耐久性が高い
  • パンフレットが楽しい

まとめてみるとこんな感じです。

 

ラン活を始めたとき工房系ランドセルのパンフレットを一式頼みましたが、一番子どもが喜んでいたのが池田屋でした。

 

普通のパンフレットとは別に、子ども用のパンフレットや塗り絵DVDなどが入っていて、大喜び!!

常に子ども目線子ども思いがわかるので、素敵だなぁって思いました。

 

お悩み隊
池田屋ランドセルは基本ベースがシンプルなので親側としてはいいけど、子どもはもっとキラキラおしゃれなランドセルが欲しい!っていうのよね…

池田屋のランドセルはシンプルです。

だからこそ、後付けでいろんなアレンジができます。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

こちらは「刺繍シール(別売)です。

池田屋ランドセル公式サイトからも販売しています!

三女:うみ
私が貼ってあげるよ~かわいいシールがたくさんあるよ!

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

こちらは「ワンダーランドセル(別料金/数量限定)です。

親子で自分の好きな絵を描いて、それがカバーになるサービスです。オリジナリティにあふれていますね。

次女:かりん
わたし、水色だいすきだからカバーは水族館を書きたいなぁ!

子どもが書いた絵がカバーになるって嬉しくなりますね♪

>>池田屋のワンダーランドセルを詳しく見てみる

 

お悩み解決隊
こういうサービスがあるってわかると嬉しいわ!選ぶときに安心する!

池田屋ランドセルは「軽さ」重視だけではなく、子ども思いの要素がたっぷりちりばめられていましたね。

ぜひ公式サイトでも見てみて下さい!

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

池田屋ランドセルの口コミや評判を実際に体験!

池田屋 ランドセル 安っぽい

実際に池田屋ランドセル(銀座店)に行ってきました。

東急プラザ銀座4Fにあって、エレベーターを降りるとすぐ真正面にドン!っとランドセルが目に入って、一面に平がっています。

 

横長でとても広いスペースなので開放的でした。

つきしば
子連れで行ったのでこの広さは助かったよ!すぐに子どもが走りまわったり、飛び跳ねたりするからヒヤヒヤ…スタッフさんも子ども達を気にかけてくれてゆっくり選ぶことが出来た!感謝感謝です!

 

土日は混雑しますが、見学に行った時間帯が平日午前ということもあり、比較的店内は空いており、ゆっくり見学ができました。

 

それでは!

自分の足でラン活してきた体験談と、ランドセル工業協会からのアンケート結果をもとに池田屋ランドセルの口コミをお伝えしていきます。

【ランドセル選びに失敗しない6つのポイント】

  1. 背負いやすさ
  2. 重さ
  3. 革の質
  4. 価格
  5. 使いやすさ
  6. 色・デザイン
つきしば
たくさんラン活してきたからこそわかるポイントをまとめたよ!「わかりやすい!」「参考になる!」と好評頂いてて嬉しい♪
夫:だいち
下の子達のラン活のときもかなり役に立ってるよね。忘れちゃうから見直して参考になったりもするしね。

 

それでは、見て行きましょう!

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

①背負いやすさ

池田屋 ランドセル 安っぽい

ランドセルの背負いやすさを決めるキーポイントは大きく3つあります。

  1. 背カン
  2. 肩ベルト
  3. 背当て

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

池田屋ランドセルの背カンは『左右に別々に動く可動タイプ』です。

背カンは肩ベルトのフィット感をサポートしてくれます。

子どもの体型に合わせて自然にベルトが立ち上がってくれるしくみです。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい
つきしば
こんな感じで左右別々に動くので可動性があるよ。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい
脳育ちゃん
左右別々に動きやすいように背カンとベルト部分の連結が製糸ではなくプレート・ボタン補強されているのも池田屋ランドセルの特徴よ♡

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

工房系ランドセルには珍しく、池田屋ランドセルは立ち上がりベルトを採用していません。

なのでロッカーにしまったり、床においたりすると、とてもコンパクトになります。

 

ランドセル 工房 比較[引用画像:ランドセル工房比較]

中村鞄ランドセル羽倉ランドセルを比較しましたが、立ち上がりベルトあり・なしで同じ位のサイズなのに違って見えます。

夫:だいち
池田屋ランドセルは「軽さ」を重視するため肩ベルトの軽量化にもこだわっているよ。

 

そして、池田屋ランドセルの真骨頂!

肩ベルトに「ギボシベルト」を採用!

池田屋 ランドセル 安っぽい[引用画像:池田屋ランドセル公式サイト]

肩ベルトの基本はバックルで、穴にはめてピンを通すのが主流ですよね。

池田屋は長年の技術や研究を生かして、この部分を「ギボシ」と呼ばれる留め具を採用しています。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい
脳育ちゃん
出っ張りのないすっきり設計の「ギボシ」は池田屋だけの特別仕様よ♡わき腹や肘にバックルが当たり痛くなるのを防いでくれるわ♡

 

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

背当てクッションは通気性抜群の「ピンホール人工皮革」を採用しています。

通気性が非常に高いので、夏場も快適です。

長女:みい
背中クッションは押される感じもなくて、ピタって感じだったよ。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

背中クッションは硬いデコボコがないナチュラル仕様になっていて、背中の丸みに合わせて違和感なくフィットしてくれます。

 

ランドセルの背負いやすさは「ランドセルの心臓部」といっても良いです。

池田屋ランドセルは子どもの背負いやすさがよく考えられた作りになっていましたね。

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

②重さ

池田屋 ランドセル 安っぽい[引用画像:池田屋ランドセル公式サイト]

主にランドセルの素材に取り入れられるものは『本革(天然皮革)』と『人工皮革』にわかれています。

  • 牛革🐄・・・本革
  • コードバン(馬)🐴・・・本革
  • クラリーノ人工皮革
この辺りがランドセルでよく聞く革の定番ですね。

 

池田屋ランドセルも定番の3種類で展開しています。

革の種類 重さ
イタリア製防水牛革(牛革) 約1.300g
ベルバイオスムース
(人工皮革)
約1.100g
クラリーノ(人工皮革) 約1.100g
防水コードバン(コードバン) 約1.400g
脳育ちゃん
一般的な人工皮革ランドセルは「1.300g前後」、本革ランドセルは「1.500g前後」だから、池田屋ランドセルは安いってわかるわね♡

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

実際に長女に背負ってもらいました。

まずは片手を入れて、反対の手を入れます。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

見てもらうとわかるのですが、背カンのリング部分が個々にしっかり開いていくのがわかります。

 

背負った感想を聞くと、あまりの軽さに興奮気味でした(笑)

長女
えっ!今までで一番軽いかもしれない!なんで?えっ?すごく軽いよ!

 

池田屋ランドセルは人工皮革・本革のどちらも展開していますが、池田屋が独自に開発した「ベルバイオ(人工皮革)」シリーズは牛革の質感・高級感に限りなく近づけたオリジナルの人工皮革になります。

つきしば
牛革の質感なのに軽いってうれしいよね!

 

ランドセルのも重さに関係があります。

近年は「学習院型」「キューブ型」の2種類で展開している工房が多いです。

ランドセル 工房 比較[引用画像:工房系ランドセル比較記事]

ヘリのあり・なしで約2cm前後約100~200g程度(ノート1冊分くらい)、収納力や重さに若干ですが違いがでます。

 

メリット デメリット
学習院型
(ヘリあり)
・丈夫で傷がつきにくい
・見た目がきっちりしていてスタイリッシュ
・学校のロッカーなどにひっかかりやすい
・ヘリ分の重さがかかる
キューブ型
(ヘリなし)
・収納性が高くて軽い
・見た目が丸みを帯びていてやわらかい印象
・特殊な技術がいるため手間がかかる
・ヘリがない分の強度が心配

まとめてみるとこんな感じですね。

 

池田屋ランドセルは全モデル「学習院型」採用しています。

夫:だいち
池田屋ランドセルは全体的にシンプルだし、シャープで洗練された作りをしているよね。

 

子どもが驚く軽さって、なかなかラン活をしていたら見られない体験をすることができました。

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

③革の質

池田屋 ランドセル 安っぽい

池田屋ランドセルは人工皮革・本革(牛革・コードバン)のどちらも展開しています。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい[引用画像:池田屋ランドセル公式サイト]

池田屋が独自に開発した「ベルバイオ(人工皮革)」シリーズは牛革の質感・高級感に限りなく近づけたオリジナルの人工皮革になります。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい
つきしば
同じ人工皮革なのに革の質感が全然違うんだよね。牛革かなって思うほど!

基盤が人工皮革なので軽いのです。

 

脳育ちゃん
池田屋ランドセルに使用している牛革や人工皮革は全て防水力に優れた特注素材なのよ♡雨がザーザー降って濡れても中身が濡れないのよ♡

内装部分も濡れに強い防水仕様になっています。

お手入れも表面をさっと拭くだけでOKなので、革の質感だけでなく、機能性も高い革質になっています。

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

④価格

池田屋 ランドセル 安っぽい

一般的なランドセル購入価格の平均をとると約55.000円と、言われています。

近年、65.000円以上のランドセルを購入するご家庭も増えてきました。

 

ランドセル 工房 比較[引用画像:ランドセル工業協会アンケート]

当サイトは工房系ランドセルをメインにお伝えしているので、金額的には65.000円以上の枠に入るランドセルが多いです。

 

その中でも池田屋ランドセルはモデルにもよりますが、購入しやすい価格帯になっています。

  • 人工皮革モデル…54.000円~
  • ベルバイオモデル…60.000円~
  • 牛革モデル…69.000円~
  • コードバンモデル…98.000円~

※2023年度調べ

つきしば
軽さ重視の池田屋ランドセルの価格帯はいい意味でびっくり!シンプルなデザインでスタンダートなランドセルをお探しの方はぜひ!

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

⑤使いやすさ

A4フラットファイル対応です。

池田屋 ランドセル 安っぽい

 

実際に、店内にあるA4フラットファイルを入れてみると・・・

池田屋 ランドセル 安っぽい

スポッと入りました。

気持ちいいですね!

 

池田屋はちょっと変わっていて、フタの後ろにランドセル表がありません

池田屋 ランドセル 安っぽい

 

店員さんに聞いてみると、

時間割表があると、擦れて痛みやすくなるのであえて標準仕様ではつけていません。又、刺繍する部分を少なくして水などを染みにくくしています。

とのことです。

 

たしかに手を入れたり、物を入れると広がってくる部分ではありますね。

革の品質を損なわないために、配慮された作りになっています。

 

オプションで時間割ポケット(有料)の取り付けが可能なので、必要な方はご心配なく^^

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

ポケットはマチなしタイプです。

ポケットの中にDカンがついているので、鍵などを取り付けて置くことが出来ます。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

やはり、前ポケットにマチがないかと外見フォルムがスッキリしますね!

スタイリッシュです。

 

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

すべてのランドセルは手動ロックが採用されています。

手動でしめるからこそ、ロック部分にスッとかぶせ部分がくるようになっています。

 

池田屋 ランドセル 安っぽい

持ち手部分は、オプションで付ける工房系のランドセルも多いのですが、池田屋は標準モデルです。

持ってみましたが、やはり持ち手があると握りやすいです。

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

⑥色・デザイン

背負いやすさは、重さ体験をしてもらったとおり、感動的な軽さと背負いやすさでした!

次に子どもが注目するポイントはデザインです(笑)

 

ただ、池田屋ランドセルはシンプルが特徴のランドセルなので、デザイン性は全くありません!

逆にここまでシンプルだと、スッキリしていて素敵すぎます♡

 


[引用画像:池田屋ランドセル公式サイト]

デザイン性はないのに、何だかキレイで高級感を感じませんか?

シンプルなのに、大人気な理由はここにあります。

デザインはないのに、ランドセルそのものが美しいんです。

 


[引用画像:池田屋ランドセル公式サイト]

子ども思いだからこそ、デザインは後付けでも楽しめますね^^

つきしば
自分の好きなようにデザインできるのも魅力だね!

 

しかもいまなら、ランドセルカバーをオーダーメイドで作ってくれるサービスがあります!(有料)


[引用画像:池田屋ランドセル公式サイト]

これ、素敵すぎませんか?

次女
書いたらランドセルにつけられるの?ほしい!!
三女
私もやりたーい!!

小学1年生の頃は、学校指定の黄色いカバーをつけることが多いのですが、2年生からは自由にカバーをつけて行くことが出来ます。

思い出ができますね^^

もちろん限定販売なので、お早めに!!

>>池田屋ランドセルのオリジナルカバーを詳しくみる

池田屋ランドセルのメリット・デメリット

池田屋 ランドセル 安っぽい
〇メリット
  • とにかく軽い
  • 子どもが使いやすい
  • 革の発色が綺麗
  • シンプルなフォルム
  • 価格帯も良心的
✖デメリット
  • デザイン性がシンプル
  • 収納力は少なめ
  • 外見好みが分かれる
  • 背カンの可動性は普通
  • カスタマイズは出来ない

池田屋ランドセルの口コミからメリット・デメリットをまとめてみました。

工房系ランドセルの中でも一番軽くて子ども目線で考えられた機能性の高さは素晴らしいです。

 

ランドセル選びの大きさの所でもお話しましたが、年々、教科書以外にA4フラットファイルやタブレットなど持ち物が増えていきます。

 

少しでもランドセル自体が軽いにこしたことはありません。

池田屋ランドセルの軽さは本当に子ども思いの作りだなと感じます。

 

デザインはたしかにありませんが、6年間使うものだからこそ、シンプルイズザベスト!

のちのち自分でデザインをしたくなった時もしやすいと思います。

 

わが家がデザインにそこまで大きくこだわらない理由の1つです。

後で、自分でカスタマイズしちゃえばいいじゃん!スタイルです(笑)

 

  本革モデル(税込)※2020年調べ
①中村鞄 65,000円~
②土屋鞄 70,000~77,000円
③オオバ 69,120~108,000円
④生田鞄 55,000~68,000円
⑤池田屋 44,280円~68,040円

工房系5社で比較してみても、コストパフォーマンス良好です。

 

オプションもこだわらなければ、十分標準仕様でも問題ありません。

池田屋もすべての商品が6年間無料保証付きです。

 

注意
6年間無料保証内容が各メーカーによって異なっています。購入する前にぜひご確認を!
(例えば…どこまでが無料修理可能か、修理中の代替えランドセルはあるのか、その際の送料の有無…等)

>>池田屋ランドセルの公式サイトを見てみる

池田屋ランドセルの店舗情報

池田屋ランドセル(銀座店)

  • 住所:〒104-0061
    東京都中央区銀座5丁目2−1 東急プラザ銀座 4F
  • TEL:03-3289-8983
  • 営業時間:午前11時~20時 ※土日祝のみ予約制
  • 定休日:年中無休 ※東急プラザに準じる

直営店としては横浜みなとみらい店、清水店、静岡店、浜松店、梅田店、博多店の7店舗で展開しています。

>>池田屋の銀座店以外の店舗を確認する

 

山本鞄ランドセルのショールームも歩いても行ける距離なので参考にしてみて下さい。

ラン活はスケジュール調整も大切ですからね。

>>池田屋ランドセルの展示会情報を見てみる

 

注意

新型コロナウイルスの影響で見学会を予約制にしている店舗が多数あります。事前にお電話でご確認を!

池田屋ランドセルのまとめ

背負いやすさ
重さ
革の質
価格
使いやすさ

収納性△ 持ち手○ 自動ロック×

色・デザイン
総合評価 28.5/30

>>当サイトオリジナル工房系ランドセルランキング参照

いかがでしたでしょうか。

池田屋ランドセルの魅力をたっぷりにお届けしてきました。

 

子ども思いに作られたランドセルは、シンプルでも長年愛されてるんだぁと改めて感じたランドセルでした。

そして、何より軽い!!そして、機能性抜群!!

 

都合がつく方は、ぜひこの軽さを子どもさんに実感させてあげて下さい^^

かわいいランドセルが良いって言ってたはずなのに、やっぱりこっちにする!と言ってしまいたくなるほど、びっくりします!

 

ぜひラン活の参考にしてみて下さい♪

 

\池田屋ランドセルの魅力が満載!絶対チェック!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です