ハロウィンの絵本【おすすめ5選】海外の文化に触れて英語教育のきっかけに!

ハロウィン 絵本 おすすめ

スポンサーリンク

トリック・オア・トリート!!

と、ハロウィンの時期になるといい始める子どもたち。

ただ・・・

長女
トリック・オア・トリートって何のことなの?
次女
おかしもらえるんだよ!

内容をわかっておりません(笑)

最近、日本でもハロウィンが1つの行事として定着し始めています。

その裏には「英語教育」が導入されていることがきっかけかもしれません!

現代社会の波にのれ!

ということで、今回は絵本をつかって子ども達にハロウィンの由来や楽しさを教えるともに、行事で使う英語についても紹介していきます!

スポンサーリンク

ハロウィンにおすすめの絵本5選!

絵本選びはもちろん、年間約500冊読破する本の虫🐛長女と行いました!

今回は長女にも教える形で本選びをしましたが、その吸収力の速さには頭が下がります(^^;)

やはり絵本は脳育に最適です✨

【ハロウィンにおすすめの絵本5選】

  1. ハロウィンドキドキおばけの日!
  2. プリンちゃんのハロウィン
  3. トリックオアトリート!
  4. おおきなかぼちゃ
  5. きょうはハロウィン

1.ハロウィンドキドキおばけの日!

この1冊を読めばハロウィンの由来からじゅんびするものまで一気にわかります✨

それでも説明口調になっていなくて、物語の中にしっかり組み込まれているのでわかりやすいです。

主人公:レイは怖がり屋の男の子。

ママにやさしそうなおばけの仮装を作ってもらっていたら、なんと本当のおばけ:シェイクが出てきます。

シェイクもおばけなのに怖がり屋(笑)

苦手なドラキュラをやっつけるために、一緒にハロウィンの準備を手伝ってくれます。おばけなのに😀

更には人間界でトリックオアトリートも楽しんでいきます。

さて、苦手なドラキュラは退治できたでしょうか。

レイの怖がり屋は克服できたでしょうか。

仮装おばけやジャック・オ-ランタンの作り方も丁寧に書いてありますよ🎃

2.プリンちゃんのハロウィン

プリンと聞いたら「おじゃる丸!」と答えるほど子ども達に大人気のお菓子です。

そのプリンちゃんシリーズからハロウィンのお話です🎃

いつ見てもおいしいそうな絵と、可愛らしいキャラクター達。

ドーナツくんやマシュマロちゃんと仮装をして「トリックオアトリート!!」

あれ?なんかもう一人、小さなおばけが隠れていませんか?

ハロウィンならでは行事をやさしくおしえてくれるので、次女のお気に入りです。

プリンって甘くておいしいお菓子ですが、カラメル部分が苦くて、「そこだけとって~💦」という子どもさんもいますよね。はいわが家の次女がそうです(笑)

そんな苦さ甘さが表現してくれるようにいつもよりちょっとこわめ(にがめ(笑)?)なハロウィンの絵本をぜひともお試しあれ🍮!

3.トリックオアトリート!

いないいないばあ!のように・・・そして、本当のハロウィンのように・・・

ページをひらくと、何がでてくるかはお楽しみ!!の要素が満載の絵本です。

絵が多いので、三女もお気に入り♡

三女
あかちゃんだってハロウィンを楽しみたいな♡

4人が仮装していろんな家のドアをトントン!

さて、中からでてくるのは誰でしょうか?実はこわ~い〇〇も隠れていたり😀

出てきた人がくれるお菓子をえらべたり、登場人物をさがすページもあって、楽しさ満載!!

しかも、子どもに絶大な人気の蓄光インクを使った暗いところで光るページもあります。部屋を閉め切ってキャーキャー言ってます(笑)おまけがうれしくなっちゃいますね♡

『ハロウィン=楽しいもの』をしっかり教えてくれる絵本です。

4.おおきなかぼちゃ

簡単にいうとおおきなかぶのかぼちゃバージョンです♪

絵がリアルでちょっと怖いのですが、やってることは単純

大きくなりすぎたかぼちゃを引き抜くこと」です。

そのギャップに思わず笑ってしまいます(笑)

魔女やドラキュラ、ミイラ男etc・・・

おおきなかぶとちがうところは、最初から協力せず、個人でかぼちゃを抜こうとするところです。

コウモリの助言でみんな協力したところ、夜明け前に抜くことができて、おまけに魔女特製のパイをみんなで食べてニコニコ(*^^*)

モンスターでもいい顔してます♪

5.きょうはハロウィン

ハロウィンの行事を教科書のように丁寧におしえてくれるお手本のような絵本です(*^^*)

文字数が多いので、長女くらいになると内容をよく理解して楽しめますね♪

主人公:ケンは引っ越してきたばかりの男の子。どうやら海外暮らしのようですね。

初めてのハロウィンの行事がわからなくてママに聞いて準備していると、呼び鈴がなって・・・

「トリックオアトリート!!」といわれ、びっくり( ゚Д゚)

やってみたいという気持ちがありつつ、モジモジしていると友達に誘ってくれます。

そして変装して、色んなお家にお菓子をもらいに出かけていきます。

1冊読めば、ケンの成長が一目瞭然

友達もたくさんできて、明日からの生活も楽しくなりそうです。

行事をとおして、友達と交流することって普段と違って親密度がグッとあがるので、そこは世界共通なんだなと感じました(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

この絵本を選んだ基準は5つです。

  • 由来がわかりやすい
  • 楽しさや面白さがある
  • 絵がかわいらしい
  • かぼちゃがでてくる(笑)
  • 読みやすい

海外の文化だからこそ、簡単にわかりやすいと子どもも興味を持ちますよね🎃

そして何より面白さ

特に長女は本を選ぶとき、一度ザッっと速読するのですが面白くないものはすぐに戻します。

個人的にハロウィン=かぼちゃのイメージが強いので、かぼちゃが必ずでてくる絵本を選びました♪

▼紹介した絵本のためしよみができます!▼

「トリック・オア・トリート!」は英語教育の一歩!

今回のミニコラムシリーズは英語についてです。

今や幼少期からの英語教育が必須になっていますよね。

わが家はこれといった教材は行っていないのですが、長女が2歳くらいから英語の絵本やドリル、知育おもちゃなどでちょこちょこ慣れ親しんできました。

ダイソーのアルファベット表も長いことお風呂に貼っています😀✨

先日、長女のこんな一幕がありました。

相手もネイティブな英語ではないですが、突発的な返しができていたことに驚いてしまいました💦

この時期はやはり耳からの反応が一番良いです!!

長女の場合ですが、最初はとっかかりしやすい日常のあいさつから覚えました。

ところどころ日本語と英語が混ざった歌をうたったり。

「グッドモーニング」「ハロー」「サンキュー」「ソーリー」などは おままごとでもつかわれていて、次女がマネする場面が増えてきました(*^^*)

その次にみじかなもの、行事、季節などに興味を持ち始めました。

といいますか、よく質問されるようになりました💦焦りますよ(笑)

「ラビット」「ドッグ」「キャット」などの動物から「メリークリスマス!」「ハッピーニューイヤー!」などの季節をからめた英語。

今回の「トリックオアトリート!」も意味はわからず使っていましたが、耳から聞いたものは覚えており、次の年も使っていました( ゚Д゚)

そうです!

すべて耳から学んだ英語教育です✨

脳には成長段階があります。

脳の成長の順番 主に発達する場所
0歳~ 頭葉(目で見る)頭葉(耳で聞く)が発達
1歳~ 頭葉(ことばの理解)が発達
3歳~ 頂葉(触れたり、運動神経が成長)が発達
8歳~ 頭葉(難しい言葉を覚える)前頭葉(物事を考える)が発達
10歳~ 頭葉(すべてがまとまる。性格できる)が発達

※個人差あり [参考サイト:脳に効く習い事]

赤ちゃんがお腹にいる頃から、耳は成長はすでに始まっていますね。

聴覚は側頭葉(そくとうよう)とよばれる水色の部分で判断しています。

頭のいい子の育て方
脳育ちゃん
実は日本語と英語は音が違うため、慣れていないと異音として脳で処理されてしまうのよ💦

そのために小さい頃から海外の文化に触れたり、英語を聞いたり話してみることはとても意味のあることなのです!

ハロウィンの文化も奥が深いですね🔤

スポンサーリンク

ハロウィンのイベントを楽しもう!

ハロウィンの絵本を読んで、ワクワクが強くなり、

長女
仮装してでかけたい!お菓子もほしい!

と、先早に言い出しました。

楽しいイベントは国外とわず、どんどん取り入れて楽しんだもん勝ちですね♪

私自身も

月柴
かぼちゃがあればよし!

というほどの理解力だったので、親子ともども絵本に感謝です(*^^*)

トリック・オア・トリート!!

お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!!

今年のハロウィンが楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です