クリスマス絵本のおすすめ10選!2歳から親子で読み聞かせを楽しもう!

クリスマス 絵本 おすすめ 2歳

いよいよ、子ども達が待ちに待っているクリスマスイベントが始まりますね!

 

この季節になると、子ども達の疑問がMAXに!

三女
サンタさんはどこからくるの?
次女
なんで太ってて、白いひげはえてるの?
長女
なんで、トナカイさんは空をとんでるの?重くないの?

 

好奇心の塊です!

>>3歳がよろこぶおすすめ絵本【厳選10選】図鑑と一緒に楽しもう!

 

更に2歳頃になるとクリスマスの楽しさも倍増!

ママパパ達も子どもに喜んでもらおうと、悩んでプレゼント選びを始めることでしょうw

わが家も1年中「今年はサンタさんにこれを頼もうと思うんだよね~」とおもちゃを見かけては言っています。

 

そんなママパパたちの悩みと子どもたちのワクワクが絡みあうイベントこそ!クリスマス(笑)

クリスマスがもっと好きになる、ワクワク・ドキドキする絵本と、

知育コラム⑤「2歳頃になるとクリスマスの楽しさがわかるのはなぜ?」、あわせて紹介していきます!

 

スポンサーリンク

クリスマスにおすすめの絵本10選

【クリスマスにおすすめの絵本10選】

  1. まどから おくりもの
  2. ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
  3. サンタクロースだよ
  4. ばばばあちゃんのクリスマスかざり
  5. 音がなる♪クリスマスのうたえほん
  6. てぶくろ
  7. ぐりとぐらのおきゃくさま
  8. ふゆのよるのおくりもの
  9. ミッケ!クリスマス
  10. クリスマスのてんし

おすすめの絵本は年間500冊以上読破する長女と選ぶのですが、クリスマス絵本は思い入れが強すぎてw

何とか10冊になんとかまとめました(笑)

 

ちなみにクリスマスプレゼントはやっぱりおもちゃがダントツ!

子供 絵本 人気 ランキング
子供 絵本 人気 ランキング
[引用画像:電ボビ(2017年クリスマスプレゼント大調査)]

 

親と子どもで意見が違うのも、面白いですね(笑)

絵本はクリスマスの楽しさをより教えてくれる存在に間違いなしです!

脳育ちゃん
ワクワク・ドキドキを強くしてくれる魔法ね♡

1.まどから おくりもの

初めて読み聞かせしたクリスマスの絵本です。

一言でいうと、サンタさんおっちょこちょいね! って感じです(笑)

 

小さな小窓からしか中の様子を確認しないサンタさん。

小窓から猫と見えても、実際は猫のTシャツを着ていたぶたさんだったり。

小窓からきつねの耳に見えていても、実際はわにさんの背中だったり。

小窓から誰もいないと見えても、くまさんが寝ていたり。

間違えられたり、忘れられたりし放題ですw

それでも当日はみんなニコニコ!楽しいクリスマスを迎えています。

 

どうやらこの、ギャップ萌え?が子どもたちに大ウケで何度も読みました(笑)

長女
間違ってるよ~サンタさんって本当にあわてんぼう!
次女
違うよ!違うよ!それダメ~

 

五味太郎さんの絵本って、引いて落とすといいますか、言葉選びがすごく上手で子ども心をくすぐってきます。ユーモアたっぷりです。

 

「きんぎょがにげた」「みんなうんち」もことば選びが素晴らしく、とても面白いです。

【関連シリーズ】

2.ナイトメアー・ビフォア・クリスマス


ディズニーでも屈指の人気作!

ナイトメアービフォアクリスマスの原作版です!

 

この絵本の存在を知らない方も多いのではないでしょうか?

実は映画よりジャックの心情がわかりやすく書いてあるんですよ!

 

ハロウィーンの世界では頂点に立っているはずのジャックが、自分の存在に疑問を感じ始めます。

そして、クリスマスの存在を知り、サンタさんの真似をしますが、付け焼刃で上手くいきません。

 

とてつもない非難を浴びます。大砲とか打ち込まれます(笑)

それをサンタさんがフォローといいますか、うまくまとめてくれます。

ジャックが「どうしたいか」「どう思っているか」がよく書いてあるので、その気持ちを応援したくなりますよ。

 

新しい世界に飛び込むのはとても勇気がいることです。

それをめげずにやりとげようとするジャックにとても愛着が持てます。

 

更に、私が小さい頃から大好きで、ハロウィンやクリスマスシーズンになるとずっとBGMでかけています。

もちろんTDLのホーンテッドマンションも行きますw

おそらくその影響で長女がドハマりしました。いっちょ前に「What´s This!?」とか言ってます(笑)

さらに次女⇒三女と口ずさむようになりました。

長く愛されるちょっとレアな絵本です。

3.ノンタン!サンタクロースだよ

みんな大好き、ノンタンシリーズからクリスマスのお話です。

生誕40周年を迎えてもなお、未だに愛されているキャラクターですね!

 

ノンタンはクリスマスに赤い自動車がほしくて、サンタさんが待ち遠しくてしかたありません。

どうやら動物ごとにサンタさんの担当が決まっているようで、

友達のところに来ているサンタさんに聞いても「ネコのサンタじゃないよ」と言われてしまいます。

ノンタンのところに無事にサンタさんは来たのでしょうか?

 

色んな動物サンタがでてくるので、動物の名前を知り始めた1-2歳に抜群な効果を発揮しますよ!

 

次女
あっ!これうさぎさんのサンタさん!あっ!これはパンダのサンタさん!あっ!これは・・・(エンドレス)

未だに大人気です(笑)

ノンタンの笑顔って本当に嬉しさが伝わってくるので、胸がほんわかしますねw

 

クリスマスシーズンになるとわが家では定番の1冊です。

4.ばばばあちゃんのクリスマスかざり

ばばばあちゃんシリーズからクリスマスのお話です。

私が生まれた頃に発売された絵本が、いまなお子どもたちに愛されてるんだなぁと感慨深くなります。

 

ばばばあちゃんの得意技(?)

  • 家にあるもので簡単に!
  • 身の回りの材料をうまく使って!
  • たくさんお金をかけずに!

 

それでいて、素敵なクリスマス工作ができあがってしまうので、びっくりです!

おばあちゃんの知恵袋的な感じですねw

みんなでワイワイ制作しているので、賑やかな声が聞こえてきそうです。

 

昨年はこの絵本をみて折り紙でツリーのかざりつけを作りました。

3姉妹からクリスマス工作に欠かせない1冊になっています。

 

ちなみに私が初めて幼稚園の頃に読んだ「よもぎだんご」も、今なお団子づくりをするときの定番になっています。

5.おとのでる♪クリスマスのうたえほん

クリスマス意外にもなぜか1年通して大人気の音えほんです。

>>音の出る絵本ランキング【ベスト5】プレゼントに最適!脳も子供もよろこぶ!でもお話しましたが、子どもはまずは耳から育つといわれています。

夏でもクリスマス!?って思うくらい、曲がかかっています(笑)

 

収録曲10曲も子どもが知っているものを厳選しています!

  1. ジングルベル
  2. あかはなの トナカイ
  3. ウィンター・ワンダーランド
  4. サンタが まちに やってくる
  5. ひいらぎ かざろう
  6. おめでとう クリスマス
  7. もろびと こぞりて
  8. あわてんぼうの サンタクロース
  9. きよし このよる

 

隠れボタンといいますか、10回押すと〇〇の声が聞こえますよ!

このボタンをだれが押すかでよく喧嘩になるくらいです(笑)

クリスマスはぜひ耳から楽しみましょう!

6.サンタようちえん

サンタさんがようちえんをひらいています。

7.ぐりとぐらのおきゃくさま

長女が「おきゃくさま」を「おちゃちゃさま」という頃からお気に入りの絵本です♪

正直、絵本名を見ただけでは、クリスマスの話かどうかわかりません!

しかも、作中にもクリスマスやサンタっていう文字も見当たりません💦

すべて絵で表現されています✨

雪合戦であそんだ後に、みつけた大きな足跡・・・しかも、それは自分の家にまでつながって行きます。

ここだけでもドキドキ♡

帰ってくると赤い帽子や大きな袋がおいてあり、更には家の中が綺麗!しかも、いい匂いまでしてくる♪

どうやらこれがクリスマスプレゼントだったんですね。

読み取るには少し時間がかかるかもしれませんので、その分ママ・パパが教えてあげましょう(*^^*)

8.ふゆのよるのおくりもの

こちらはかわいいふたごがクリスマスにおでかけすることになり、サンタさんにむけてお手紙を書きます。

9.ミッケ!クリスマス

サンタ探しを楽しもう!

10.クリスマスのてんし

少し難しい話ですが、付箋見出しが気に入って、天使の順番に読んでいます。

スポンサーリンク

まとめ

【クリスマスにおすすめの絵本10選】

  1. まどから おくりもの
  2. ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
  3. サンタクロースだよ
  4. ばばばあちゃんのクリスマスかざり
  5. 音がなる♪クリスマスのうたえほん
  6. てぶくろ
  7. ぐりとぐらのおきゃくさま
  8. ふゆのよるのおくりもの
  9. ミッケ!クリスマス
  10. クリスマスのてんし

クリスマスえほんを厳選しました。

\数千冊以上の絵本がためしよみ可能!/
◆まずは簡単無料登録から!◆

知育コラム⑤「2歳頃になるとクリスマスの楽しさがわかるのはなぜ?」

定番のミニコラムシリーズです。

 

クリスマスといえば、なんといっても飾りつけがカラフルでキラキラしたものばかりですよね!

赤ちゃんでも目と耳が発達してきているのでツリーのライトや、音楽に反応します。

1歳くらいからは「サンタ」「クリスマス」などの単語もでてきますね。

 

脳育ちゃん
2歳になると、ますます「クリスマス=楽しいもの!」って理解が進むわ♡
月柴
保育園でもクリスマス工作をするので、更に楽しみが倍増していました!

 

2歳頃になると楽しめる大きな理由としては、記憶が関係してきます。

おばけ 絵本 おすすめ

記憶は、脳の深いところにある海馬(かいば)と前頭葉、側頭葉が連絡を取り合って覚え始めます。

頭のいい子の育て方

海馬は2~3歳頃になると完全な形となると言われていますが、

記憶にも種類があって、2歳ですべての出来事を覚えることはできません。

 

それでも週末のお出かけや季節のイベントなどを体験することで、

楽しかったという感情」「ワクワクした気持ち」がつくられていき、のちのち記憶につながっていくのです。

脳育ちゃん
積み重なった記憶は、その子の性格や感情も作っていくのよ♡

 

クリスマスは知育にも持ってこいですね!

サンタさんの存在も素敵な記憶として残ってほしいものです。

スポンサーリンク

さいごに

2歳の愛くるしいしぐさに加え、クリスマスを楽しみにする顔・・・

こっちまで幸せな気持ちになります♡

 

絵本を読んで、ワクワクを倍増させて、当日のイベントを待ちにしましょう!

素敵なクリスマスを!

メリークリスマス!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です