おんぶ紐をしててもおしゃれにみえる方法!2つの工夫で大変身!

おんぶ紐 おしゃれ

スポンサーリンク

街中を歩いていると、赤ちゃんを抱っこしてるのにおしゃれなママがたくさん!

と、思うのは私だけでしょうか?

おしゃれをすると気分もあがりますよね。

 

ちなみにおんぶ紐をつけるときの服装って、少し難しくないですか?

月柴
抱っこ紐って、意外に赤ちゃんがカモフラ(体型の)になるのよね~
腰ベルトをきつく締めすぎるとお腹の肉が…たま~に…ねっ?
月柴
肉がはみ出てるってハッキリ言えばいいじゃん…

2人目・3人目となると、抱っこをするよりおんぶする機会が格段に増えます。

毎日バタバタなママたち。

 

それでも、保育園の送迎や通勤などで、身なりには気をつけないと行けません。

どこで誰に会うかわかりませんからね。

そんなママたちのために、3姉妹を子育て中の私が考えたおんぶ紐を使っていても、おしゃれに見える工夫をお伝えします!

【おしゃれに見える工夫】

  1. 上下セパレート(切り替え部分をうまく使おう!)
  2. ワンピース(腰ベルトをうまく使おう!)

この2点を工夫するだけで、おしゃれに着こなせて、気分もあがります!

 

ママでも、私たちはいつまでも”女性”です!

雰囲気も大切ですが、おしゃれをもっと、楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

わが家がおんぶ紐を使うまでに至った経緯

赤ちゃんも動けるようになってくると、大好きなママ・パパだけでなく、まわりにどんどん興味を持ち始めます!

必然的に、外出も増えてきますね。

おそらく赤ちゃんがいるご家庭では、ベビーカー&抱っこ紐は欠かせないと思います。

 

わが家も姉妹の年齢差が近く、特に次女から目が離せません!

最近は、ベビーカーすら嫌がり、自分で色んなところに歩いていきたい探求心が強く、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ~

 

次女
わたしは、じゆうにいきたいの!!
月柴
いやいや(笑)進撃の巨人でもあるまいし・・・お母さんの話も聞いてー

 

そんな次女ですから、三女を抱っこ紐で抱えたまま、次女の着替えを手伝ったり、靴をはかせようとしたりすると、三女の体勢がすごいことになります…

 

保育園のママでも、危うく抱っこ紐から、妹を落としそうになった!と話している方もいました。

 

そうなると、必然的に考えるのが、下の子を抱っこからおんぶに変えるといった考えです。

わが家も2人目から必然的におんぶする回数が増え、3人目も同様におんぶして保育園の送迎に行ったりしています。

 

ただ、おんぶ紐って意外に装着がめんどくさかったり、背負っている姿がちょっと…と感じているママが多いように感じます。

おんぶ紐 いつから

一昔前は、今より子供の人数が多かったので必然的におんぶをすることが当たり前で、長女の首が座ったころに祖母に「そろそろおんぶした方がいいんじゃない?」と言われたこともありました。

 

正直、1人目のときは、私もめんどくさかったり、胸のかたちがわかって食い込むような服装になるのが、嫌だったのが本音です…

 

ところが2人目となると、そんなことも言ってられません(笑)

両手をいかにフリーダムにしておくかが勝負です!!

そしておんぶ紐を導入…

使ううちに、おんぶ紐を敢えて使う価値がどんどん見えてきたってわけです!

おんぶのときのファッションスタイル

【おしゃれに見える工夫】

  1. 上下セパレート(切り替え部分をうまく使おう!)
  2. ワンピース(腰ベルトをうまく使おう!)

前回の記事でもお話ししましたが、おんぶ紐には2パターンあります。

  1. 肩ベルトのみ
  2. 肩+腰ベルトのみ

肩ベルトのみの場合は、リュック感覚でおんぶが可能なため、そこまでファッションに気を使いません。

ポイントになるのは、腰ベルトがあるおんぶ紐です。

1.上下セパレート(切り替え部分をうまく使おう!)

腰ベルトがあると、大体ウェスト部分にベルトが来ます。

気を付けなければいけないのは、閉めすぎると、お腹のお肉がポコッと出かねません。

これは切実な問題です(笑)

 

抱っこであれば、赤ちゃんがカモフラージュしてくれますが、おんぶはさらけ出されます。

そこで1つ目のポイントは、上下セパレートにすることです。

おんぶ紐 いつから
[引用画像:楽天]
 

こんな感じで、ベルト部分に腰ベルトがくるのが理想的です。

上着が中途半端に長いと、腰ベルトからお肉がはみ出たときにすぐにわかってしまいます。

あっ、ちなみにこれ実証済みです(笑)

月柴
カモフラしたはずが、しきれていなかったパターンね♡

そして、ワイドパンツだと、ウエストで引き締め効果があるので、より足が長く見えます。


 

そして最近、発見したのですが、スカートに変えたら、パンツよりスッキリ見えることに気が付きました!!

昔から足の短さと太さがコンプレックスなわたし・・・

 

スカートだから動きにくいだろうと思っていたら、とんでもない!

子どもたちを追って走ったり、自転車に乗っても、苦ではありません。

フォルムもスッキリですw


 

わたしの御用達のユニクロでも、おすすめのパンツやスカートが多数展開されています。

ぜひ、お試ししてみて下さい!

2.ワンピース(腰ベルトをうまく使おう!)

基本、パンツスタイルが多いですが、足のコンプレックスを隠すために、ワンピースを着たりもします。

おんぶ紐 いつから

[引用画像:Processed with MOLDIV]

パンツの上から、ワンピースやロングのシャツ、カーディガンをはおったときのベルト部分に注目

広がらずに、スッキリ!

この部分に腰ベルトを代用すればポッコリお腹も解消できますw

ワンピースって上品ですから、おんぶしていてもキレイに見えるんですよ。

 

 

そして、毎日忙しいと遅れがちな衣替えの時期。

特に冬ものを出すのが、なぜか例年遅いわが家(笑)

それでも、おしゃれ感を引き出したい方はロングカーディガンが本当におすすめです!

なぜかって、下がTシャツでもバレませんw

 

サッと羽織るだけでおしゃれって、時短にもなりますね。

カジュアルさも際立って、よりおしゃれ感が増します!

>>薄手のロングカーディガンはこちら

スポンサーリンク

まとめ

【おしゃれに見える工夫】

  1. 上下セパレート(切り替え部分をうまく使おう!)
  2. ワンピース(腰ベルトをうまく使おう!)

いかかでしたでしょうか。

 

朝のバタバタしたときの服装を選ぶ時間を少しでも減らしたい!

ササッと着れるのにおしゃれ!

というものばかりを集めましたw

 

長女
お母さん、なんか今日おしゃれだね!
次女
うん!かわいいー

わが家の子どもたちは、”ファッション”や”おしゃれ”に私以上に敏感です。

たまに、手厳しい一言も投げかけられます(笑)

さすが、女子・・・

 

しかも、”おしゃれ”は知育にも、ひとやく買ってくれるんですよ!

頭のいい子の育て方

前頭葉(ぜんとうよう)と呼ばれる緑色の部分には、意欲感情をコントロールする役割があります。

簡単にいうと、子どものやる気スイッチをかたちづくる部分ですね。

 

頭のいい子の育て方

「やってみたい!」「なんでこうなるんだろう?」という、ワクワク要素がたくさん!

脳育ちゃん
見出しなみを気にするのは、小さいうちから大切よ♡

 

おんぶ紐をつかうときの「服装、どうしよう…」というマイナス感が少しでも減ったら嬉しいです。

おしゃれなおんぶ紐を選ぶのも素敵ですが、プラスアルファで、ママ自身もおしゃれを楽しんじゃいましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です