恵方巻の作り方。節分パーティは毎年大賑わいです

スポンサーリンク

わが家では、毎年、節分の飾りは

子供たちが保育園で作ったものを飾っています。

f:id:tukishiba_turedure:20190206015340j:plain

長女が作りました。

しっかり豆まき用のボールまであります。

f:id:tukishiba_turedure:20190206015400j:plain

次女が作りました。

福笑い気味になってますが、頑張って作った感じが伝わってきます。

節分の思い出

私が実家にいた頃、節分はちょっとしたパーティでした。

祖母と母が手巻き寿司やお造りを作ってくれて、鬼のお面をかぶった父に、妹と一生懸命、豆をぶつけていました。

鬼が家に入るのを防ぐのに、ヒイラギイワシが書いてある塗り絵をぬって、玄関に貼ったりもしていました。

ワクワク・ドキドキ。

子供たちのおかげであの頃の記憶がよみがえります。

恵方巻は手作り

毎年、私が太巻きを作っているのですが、今年は長女も手伝ってくれました。

具材は、「卵・きゅうり・ツナマヨ・カニカマ・しいたけ」です。

すし飯は今年は粉タイプではなく、液体タイプの「かんたん酢」を使ってみました。

味がすぐしみて手軽に使えてとてもよかったです☺

f:id:tukishiba_turedure:20190206015418j:plain

巻きすにのりを一枚ひいて、すし飯をのせ、具材をのせていきます。

「どう、のせようかな~巻いたときに綺麗になるといいな~」と、目をキラキラさせて作っていました。

巻き終わったら、ラップにくるんでしばらく置いておきます。

f:id:tukishiba_turedure:20190206015443j:plain

綺麗に作れていました✨

味もよかったようで、皆からおいしいといわれてご機嫌でした。

f:id:tukishiba_turedure:20190206015508j:plain

余った具材で簡単にお寿司も作ってみました。

子供達から大好評でした。

同じ具材でも形を変えるだけで、反応が違うと面白くなります。

視覚からの情報量の多さって改めてすごいなと感じます。

好き嫌い克服にも一役かいますね。

ちなみに次女がピーマンが苦手ですが、輪っかに切ったピーマンは好きです(笑)

ミツカン カンタン酢 500ml

ミツカン カンタン酢 500ml

タマノイ酢 すしのこ 75g

タマノイ酢 すしのこ 75g

単純に鬼が怖い

わが家では夫がいつも鬼のお面をかぶって、奥の部屋からリビングに出てきます。

長女は我慢していましたが、最終的には泣いてしまいました。

次女は怖いのとお姉ちゃんが泣いたことで輪をかけて大号泣。

それを聞いた三女もびっくりして号泣。

「鬼はそと~」「福はうち~」

と2人で涙ながらに豆をまいていました(笑)

終わった後は、恵方巻を食べて上機嫌でした。

今年の恵方は「東北東」だそうです。

おわりに

気分がコロコロ変わって、今年も大賑わいの節分でした。

ちなみに夫がかぶったお面は100均(ダイソー)で購入しました。

f:id:tukishiba_turedure:20190206015528j:plain

以外にリアルで怖いです。

今年もみんな、元気に楽しく過ごせますように。

∇他にもレシピをたくさん載せています∇

▼祖母から教わったものが多いです▼

ーメインー

〇簡単ミートソースの作り方~コスパ最高~

ー副菜ー

〇簡単ひじきとれんこんサラダの作り方~定番レシピの仲間入り。つまみにも最適~

〇きんぴらごぼうの作り方~ごぼうは食物繊維たっぷり!出汁もおいしいです~

〇スパゲッティサラダの作り方~マヨネーズたっぷり~

〇大根の煮物の作り方~煮物は最高の時短料理~

〇漬け物の作り方~漬物器を使うと更に美味しくできます~ 

www.tukishiba-turedure.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です