朝ドラから得るもの。古き良き日本の風習が描かれている

スポンサーリンク

現在、放送中のNHK朝ドラ「まんぷく」

子供達、大好きで毎朝欠かさず見ています。

まんぷくって響きがもういいですもん(笑)

みながら食べると色も進みそうだし!

スポンサーリンク

隙間時間に見れる

次女
子供の集中力には限界があります。
朝ドラ 学ぶ

朝、8時~8時15分と短時間であり、見終わってから登園するというタイマー的な役割も担っています。私も家事の合間に見ています。

「ちょっと」

「合間」

「短時間」の概念は

「時短」にもつながります。

テーマ分け、見出しが良い

限られた時間内で内容が凝縮していることに加え、週ごとのテーマや見出しも

わかりやすくブログの参考にもなります。

やはり見るものを引き付ける「見出し」って大事です。

食事シーンがある

「食育」にもつながりますが、家族で食卓を囲んで、椅子であってもちゃぶ台であっても姿勢を正し、必ず左手はお茶碗を持ち食事をしています。

別記事に書く予定ですが、職業柄「姿勢」には人一倍、敏感のため、食事シーンが出るとこれがお手本よ!と伝えています。

顔認識力の向上

さすがNHK朝ドラだけあって旬の俳優、これからでてくるであろう俳優をキャスティングがされており、長女は他番組で朝ドラ俳優をみると、すぐに気づきます。

次女も知っている顔がでていると、

「ばぁた~ん」

「まんぺいた~ん」

と長女とまではいきませんがよくわかっています(笑)

祖父母との関わりのシーンがある

3世代が関わる場面に加えて、「姉妹」をテーマにした脚本が多く親近感を感じます。私も姉妹で母も姉妹、祖母も4兄妹の3女という女系家族。

実家が遠方で祖父母との関わりが少ないため

「おじいちゃん」

「おばあちゃん」

を身近に感じられることにも嬉しさを感じます。

劇中、おばあちゃんが孫にみかんの剥き方を教えているシーンは朝からほんわかしました。

f:id:tukishiba_turedure:20190123115806j:plain [引用画像:NHK朝ドラ「まんぷく」より]

連続テレビ小説「まんぷく」|NHKオンライン

おわりに

いつか我が家もこんな風に子供達が独立して、おばあちゃんの立ち位置に私がいたら、この上ない幸せだなぁと感じました( ^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です